オプティマルヘルス

  • 毒まみれの日本でも健康に健やかに生きるには
    • 僕は健康が大好きです。
      健康は
      この地球で大好きを体験する
      基本だからです。
      僕は日本が大好きです。
      ですが、日本に住んでいて
      健康を維持するのは
      ハッキリ言って至難の業です。
      とにかく、健康を害するものにまみれているからです。
      知れば知る程
      とにかく毒性物質が
      生活の至る所に散りばめられているのです。
      それを全て除去することは
      可能なのかもしれませんが
      そうすると自給自足するしかなく
      それですら、全部を防げるとは言い難いと思います。
      それほどに日本は汚染が酷いんです。
      どうせ逃げようったって地球は一つなんです。
      日本大好きだし、余所に行く気もない。

      では、どうやって健康を保つのか。
      僕なりの結論は

      可能な限り毒物は避けます。
      明らかに毒だとわかっているものを口にしたり身につけないってこと。
      どうしても入って来る毒物を出せる身体の機能を最高に保つ。
      身体には必要な物を取り入れ要らないものは出す
      人智の遠く及ばない奇跡のシステムがあります。
      そのシステムが最高の状態で動くように
      自分でサポートするんです。
      病気の事も健康の事も気にしないで楽しく過ごす
      これが、一番大事。
      に関しては、とにかく知ることかな。
      ちょっと調べたらわかると思いますよ。
      例えば農薬と向精神薬は基本的に同じだとか
      ワクチンの中に何が入っているのかとか。
      最初はびっくりするでしょうけど。
      世の中の仕組みに。
      そのうち目が覚めると思います。
      良いキッカケになるんじゃないかな。
      健康に良さそうに見えるものほど
      かなり危険です。
      に関しては
      本来の力を取り戻し
      最高の状態を維持増進させるだけです。
      そのための手段も方法も
      世の中にはいろいろあります。
      何でもいいんです。
      好きなものを選べば。
      僕はブレインフードとマックスモーションという
      ある意味の究極のサポーターたちがいるので
      自分のシステムを現時点での最高の状態に保てています。
      健康になるために
      いろんなものを実際に試してきましたが
      現実の結果を変えたのはこの子たちだけです。
      まあ、ブレインフードとマックスモーションを知ったからこそ
      まるで健康に対する心配も不安が無いわけです。
      無頓着です。
      ありとあらゆる情報を調べ実行して来た
      その僕の行き着いたところが
      健康について気にしないことでした。
      これは言い方を変えると
      自分の身体への絶対的な信頼があるということです。
      とても良好な共栄共存関係なんです。
      自分と自分の身体とが。
      身体が最高の状態を保つために必要とするものを
      届けてあげる。
      そして、身体が健康に保っていてくれていることに感謝して
      好きな事をして生きる。
      最高です。
      最高の人生を生きるなら
      健康に良さそう程度では僕は満足しません。
      健康という結果にこだわります。
      結果が出るのが分かっているから
      もう健康にこだわらなくて済んでいるのです。
      その分、自分の好きな事に
      自分のエネルギーを使えますからね。

  • 身体は気づきの入口
    • 病気というのは身体からのメッセージ
      もの言わぬ細胞達の
      非言語のコミュニケーション
      ゆえに
      病気を恐れるは
      コミュニケーションを恐れるに等しい
      身体の声無き声を聴く
      さすれば
      今の自分が見えてくるであろう
      変えるべきがなにかも
      自ずと知れよう

  • 脳を緩める
    • 健康を語る上で
      脳はとても重要な場所です。
      脳の緊張を解きほぐすことが
      日常生活においても
      自分と向き合い本来の自分に戻るプロセスにおいても
      実に大事。
      それだけ人間は脳を必要以上に酷使し
      疲労させているとも言えますね。
      セッションやっててもですし
      普通に人と話してても
      これは如実に感じます。
      どんだけ脳にストレスをかけてるんだと。

      セッションメニューでも具体的に脳の緊張を緩める方法はいくつかあるんです。

      あ、そうそう。
      これって結構効果絶大なんですよね。
      心許せる人と喋る。
      これです
      会話は心も身体も脳も緩めますよ~
      是非お試しあれ。

  • 健康とは
    • 自分本来の状態であるということ。
      これに尽きます。
      自分本来の状態に戻す事こそが
      治療、医療、ヒーリングの本質です。
      病気や痛みが消えるのは
      その結果なのであって
      病気を治し痛みを消すのは
      治療でも医療でもヒーリングでもない。
      自分本来の力がやったことです。
      自分本来の力を取り戻す。
      健康にとって必要なのは
      たったこれだけなんです。

  • 「治療」のパラダイムシフト
    • 「治療」を辞書を引いても
      「病気やけがをなおすこと。病気や症状を治癒あるいは軽快させるための医療行為。」
      と書いてある。
      つまり、治療とは
      病気や症状を失くしたり軽くしたりすることだというわけだ。
      このことからも
      治療しても病気が治ることは無いことがはっきりとわかる。
      何故か。
      病気や症状ばかりみて
      何故そうなったのかの根本をみないからだ。
      本当に治さなければならないのは病気や症状ではない。
      「健康」だ。
      健康な身体を取り戻す行為がこれからの「真の治療」になる。
      これは、肉体のみなず、精神、感情、
      そして霊、魂レベルでも同じ事が言える。
      魂レベルまでの全ての健康を取り戻す。
      まぁ、こういう時代に本格的に突入したわけです。

  • 何を治すのか
    • 病気になったら治そうというのは当たり前ですが
      何を治すのかを勘違いしてる人がとても大勢いるのではないでしょうか。
      病気を治すんじゃないんですよ。
      自分を治すんです。
      病気を治そうとするから
      治らないんです。
      自分がどこか歪んだ結果が病気。
      結果だけ変えても
      自分が歪んだままじゃ
      また同じ結果が出るに決まってる。
      こんな単純な事に気づかない。
      症状が治まれば病気が治ったのか?
      違いますよね。
      今後の医療は
      病気を治すものから
      自分を治すものへと変わります。
      自分を治すとは
      自分本来の力を取り戻すということです。
      治療の本分は
      本当の自分に戻すことですから。
      ブレインフードは
      まさにそういう観点をもった
      とても優しい食べ物たちです。
      本来の自分(健康)を取り戻せば
      自ずと結果(症状)は変わるのです。
      何も難しくないのです。
      病気を怖がるあなたが
      事態を難しくしているだけです。
      当然、健康面だけでなく
      人生のあらゆる側面全てにも
      これは当てはまります。

  • 究極の健康とは
    • 人間の身体は
      まさに神の芸術品ともいうべき
      精妙な創りをしており
      本来病気になるように出来ていません。
      なのに世の中病気の人が減りませんね。
      減るどころか年々医療費は増加の一途。
      なんででしょう?
      ちょっと考えみてください。
      医療技術も100年前に比べて格段に進歩しているはずです。
      日夜研究もなされています。
      どう考えても人類は病気を克服していてもいいはずなんです。
      本当にちょっと冷静になって考えれば分かるはずです。
      これだけ科学技術が進歩して
      たった20年前と比べても夢のような世界になっているのに。
      何故でしょうかね~?
      答えはとても簡単なんですが、
      それはまぁ置いておいて(笑)
      人間の身体は何重もの防御システムが働いており
      通常はそこを突破されることはありません。
      ただですね、そのシステムにも弱点というものがありまして、
      この防御システムは「ストレスに弱い」んです。
      ストレスによって防御システムが狂わされたり破壊されてしまって
      機能不全を起こした結果が病気という形となって現れる。
      じゃあストレスって何って話ですけど
      結局「本当に自分を生きていない時に起きる歪み」
      だと僕は結論づけています。
      ストレスフリーに生きてれば病気になる訳が無い。
      そのストレスとは
      自分を生きていないことから生じています。
      自分の魂の道から外れたら即ストレス。
      つまりは全て自業自得なんですね。
      いくら肉体的、精神的に健康であっても
      魂に逆らって生きている限りストレスはかかります。
      だから、究極の健康
      最高最善の健康、オプティマルヘルスとは
      「本当の自分に戻る」以外に無いのです。
      それを邪魔してるのは
      本当の自分ではない、
      あなた自身です。

  • アトピーや花粉症とおさらばするには
    • アトピーやら花粉症とか
      いわゆる自己免疫疾患ってヤツは
      だいたいが
      1)自己と他者の区別がつかない
      2)何が敵で何が味方なのかの区別がつかない
      3)自分が嫌い
      っていうものの肉体的現象ですわな。
      アトピーなんかは自分で自分を攻撃しているし
      花粉症は本来無害なものを敵と誤認して攻撃している。
      免疫システムが狂ってしまってるわけです。
      免疫細胞は胸腺というところで教育されています。
      本来、敵味方の区別がつかない免疫細胞はそこで殺されちゃうんです。
      めっちゃ厳しい。
      だから、免疫細胞は本来はエリート集団なんですよ。
      ところが、何の因果かそのエリート集団が味方を攻撃する。
      あってはならない事態です。
      だから、その免疫システムが本来の状態に戻れば
      万事オッケー。
      つまり、本当の自分に戻れば
      それだけでおさらばなわけです。
      まぁ、なんというシンプル!
      真実というものはいたって単純なものです。
      免疫システムが本来の状態に戻るとはつまり
      「自分を愛する」ことに他なりません。
      「自分」とはなにか
      「愛する」とはなにか
      これを思い出す。
      症状を抑えたり
      アレルゲンやら原因物質をいくら調べても
      まるで無駄。
      原因追及や対処療法は
      何の解決にもならないのです。
      自分を愛することを思い出す。
      胸腺とハートチャクラは連動しています。
      そこへの癒しこそが必要なのです。
      セッションメニューにもハートの癒しに関するワークがいろいろありますし
      マックスモーションのサポートも
      大いなるハートの癒しになるでしょう。
      あと、アトピーや花粉症に限らず
      病気の苦痛は堪え難いですが
      悪者扱いしないことです。
      病気は本来の自分からかけ離れた生き方をした結果とも言えます。
      だから、いたずらに怖がるのではなく
      「あ、本来の道から外れてるんだ」
      と気づけばいいんですよね。
      病を通じて道を見出せ。
      本当の自分へ戻る道はいくらでもあるんです。
      病気を恐るるなかれ。
      そこから魂への扉は開かれん。

  • 細胞のコミュニケーション
    • まるでドミノ倒しか永久機関か。
      身体の中で行われている細胞間の化学反応が
      次から次へと受け継がれていく様は
      見ていて圧巻です。
      これ、どこか一カ所の化学反応が止まるだけで、
      うまく機能しなくなるわけですよね。
      本当に
      本当に
      身体のシステムというのは精妙にできており
      人智の及ぶ所ではないですね。
      100兆の細胞達のコミュニケーションを
      いかに円滑にさせていくか。
      それは、
      自分の身体とのコミュニケーションを図っていくことに
      意識を向けるという事です。
      細胞間のコミュニケーションは
      私たちの身体の生命維持にとって極めて重要なものなのですから、
      その細胞達とコミュニケーションをとっていくのは
      私たちの人生にとって極めて重要なものなのです。

  • 細胞たちが起こす奇跡
    • 私たちが何で出来ているか考えた事がありますか?
      全ての命は細胞から出来ています。
      彼らは数千の形とサイズを持っています。
      人間の身体は100兆以上の細胞から成り、
      生命のダンスを演じています。
      彼らはとっても小さく、針の先に一万個おさまるくらいなのです!
      私たちの身体の中の細胞は
      毎秒1000兆の1000倍以上の化学反応を起こします。
      彼らの驚嘆すべき生化学は何十億年ものあいだ
      この地球上の生命を育んで来ました。
      ・・・そして、我々を危害から守ってきたのです!
      彼らは私たちが自分自身を気遣う事のみを求めています。

      知れば知るほどに
      人体に、細胞の一つ一つに
      生命という一つの宇宙に
      畏怖と尊敬の念を持つ。
      我々のする事は、自分自身をいたわり大事にする。
      それだけ。
      そしてそれは、細胞達の命のダンスの邪魔をせず
      細胞達と共に生き、助け合い、尊重し合い
      共に踊り歌い、楽しむ事だと思う。
      細胞達の起こす毎秒数千兆もの奇蹟に感謝。