大天使ラファエル

大天使ラファエル

ラファエルという名前は「神の癒し」という意味で、"rapha"という「医師」や「癒すもの」を意味するヘブライ語に基づきます。
ラファエルは天の内科医ともいわれ、私達の母なる地球と、そこに住むあらゆる生命の治療をもたらします。

「トビト書」に書かれているラファエルは、トビトの息子 トビアスと一緒に旅をし、旅の途中、トビアスに魚の内臓から膏薬を作ることを教え、彼をずっと守り続けます。
こうした背景から、ラファエルは医療や癒しを行なう人々を助けるだけでなく、旅人の守護者ともなっています。
聖書外典のひとつには、ソロモン王に六芒星が刻み込まれた指輪を与えるラファエルが登場します。
ソロモン王はこの指輪を使い、すべての魔物を屈服させたと伝えられています。
ラファエルの癒しの力は、悪しきものの浄化や魂の解放にも向けられています。

ラファエルは物理的にも、スピリチュアル的にも癒しに関わるものを助けます。
医療を行なうときにラファエルを思い浮かべれば、治療に関するヒントが導き出されるでしょう。
スピリチュアルヒーリングにおいては、ラファエルはあなたと一緒に働いてくれます。

肉体的、エネルギー的に生命エネルギーを滞らせている原因を取り除くことをラファエルに頼むことができます。あなたに健康と活力を与えてくれることでしょう。

ラファエルにあなたが惹きつけられるとき、それはあなたの中にある治癒能力を示すかもしれません。