父親の入院

父が入院した。詳しいことは、これからの確定診断を待つことになるが、今のところ、胆管狭窄(たんかんきょうさく)を起こしているとのこと。

胆管とは、肝臓で作られた胆汁を十二指腸に流す管のことで、ここが何らかの原因で詰まって胆汁が流れなくなってしまったらしい。

胆汁というのは、肝臓で絶えず生成される液体で、脂肪を乳化して消化を助ける胆汁酸と、古くなって破壊された赤血球のヘモグロビンが肝臓で代謝された胆汁色素が一緒になったものだ。ちなみに、大便が茶色なのは、この胆汁色素によるもので、胆管が詰まって胆汁が出なくなると、便は白くなり、黄疸症状が起きる。

改めて問われる健康観

僕自身の2021年のハーフイヤーメッセージの健康に、こうあった。

外界からの情報に流されることなく、今自分たちが何をすべきかを賢明に見極めていく。栄養学、医学、心理学、脳科学、形而上学、物理学。それらを超えた、生命エネルギー、気、プラーナを調える、いわば呼吸学を実践する段階です。

確かにこの10年で、僕の健康観は劇的に変わった。現在は、肉体と精神を愛することに行き着いた。そして呼吸法を通じて愛を実践するスタイルを採っている。

今までと全く次元の異なる視点で生命現象を捉えていくのです。これは精神や肉体にとって大いなる祝福です。

精神や肉体が健康を保つために必要なことは、愛されること。これに尽きる。ただ、視点が精神や肉体のままでは、誰かに愛されることを求め続けることになる。視点が今までと全く異なる次元、つまり魂の視点になって、精神と肉体という生命現象を捉えることができた時、初めて自分を愛することが可能となる。

愛するということ

僕ができること

愛の欠乏が精神の不安を掻き立て、未消化の感情エネルギーが肉体に影響を及ぼす。父の病もまた、愛の欠乏だろうと僕は感じている。ただ、父の過去の生き方を責めたとて何にもならない。これさえ飲めばたちどころに病気が治るみたいなものも知らないし、僕が病気を治すこともできない。僕ができることは、父が自分の精神や肉体をいたわり、ねぎらい、愛することができるように導くことだけだろうと思う。愛することで病気が治るかどうかわわからない。どのみち、人は必ず死ぬ。しかし、疑う余地なく、父の体や心は父に愛されたがっているのだ。自分を愛し愛される体験。そこにこそ癒しの本質が必ずある。僕はそう信じている。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です